将来YouTuberになる際のメリット・デメリット計10選

YouTube

どうもこんにちは雪です(Twitter@snowmajime)

僕自身現在YouTuberとして動画投稿を始めようとしているのですが、将来YouTuberになる際にどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

トップだけを見ればお金持ちで自由そうな生活をしているように見えますが、それなりの努力は必要になってきます。

その為今回はYouTuberになる際のメリット5選デメリット5選計10選を色んなYouTuberを参考にしてまとめてみました。

将来YouTuberになる際のメリット5選

1.自分の好きなことや得意なことで稼げる

このYouTuberという最大のメリットはここにあります。

自分の好きなことや特技を利用してそれを動画としてコンテンツ化することによって収入を得ることができます。


トップのYouTuberになると年収が億を越えてきますがそこまで行かなくても生活できるだけの十分な収入を得ることは可能です。

例えですがあるゲーム実況者は登録者8万人程度いますが、動画内で新卒サラリーマンの月収は越えているとお話していました。


つまり登録者は100万人などは目指す必要はないのです。


また特技などがなくてもYouTubeでは面白いネタ企画などをしてそれを実践し再生数を得ている人もいるため尖った個性がなくても誰でも始めることができます。

2.自分の自由な時間を作ることができる

YouTuberになってある程度稼げるようになると動画は放っておいても再生されるので、収入が自動的に入ってくるようになりまた自分で投稿する日を決めていなければ自由に働く時間を調整できます。


つまり自分が休みたい日は自由に休めますが、ファンが一定数いる状態で投稿頻度が下がったりすると人は見なくなってしまうのでここだけは注意が必要です

休む日は前もって動画を作っておいて投稿できるように準備をしましょう。


ですが家庭などを持った際に時間を調整し家族と一緒にいてあげられるのはすごく魅力的ですよね。

3.知名度が上がり有名になれる

登録者を増やしファンが増えてくるとそれなりに知名度は上がり有名になります。

今やYouTuberはファンクラブやグッズができたり、TVに出演したりするようにもなり、他にもYouTuberのお仕事を通して今までTVの向こう側にいた芸能人と一緒にお仕事できる可能性も十分にあるということです。


また人にもよりますが様々なYouTuberと関わる機会も増え登録者を増やすチャンスにもなるでしょう。


アーティストになったり俳優・女優になるよりはるかにハードルが低いのである意味チャンスでもありますね。

4.誰でもスマホ1台から始められる

誰でもスマホ1台で始められる、もちろん一般の人が始めても有名になれるのもそうですがやはり始める際の手軽さが魅力ではないでしょうか。


たまたま撮った動画がバズる(たくさん拡散されること)ことでいきなり有名になる人もいるのでそんなに凝った編集をしなくても有名になれるチャンスは眠っているということです。


簡単なカット作業の編集ならスマホ1台でも十分可能で誰でも始められるのでハードルは全く高くありません。

5.自分のやりたいことに繋げられる

登録者が増え知名度がでるとファンがつくのである程度新しいことを始めてもそれを応援してくれる人がでてきます。


例えると普段は普通の企画動画を撮っている人が歌を始めライブをしても普通の人より知名度があるので、興味を持ってファンが見に来てくれる為強くてニューゲームが可能なのです。


他にもファッションYouTuberがオリジナルファッションブランドを立ち上げると元々のファンの層はファッションに興味を持っている人なので、買ってくれる人がでてくるということです。


中には自分のしたいことがあって知名度をつけるためにYouTubeをやっている人もいるぐらいなので0から新しいことを始める人よりも有利に活動できます。

将来YouTuberになる際のデメリット5選

1.プライバシーが特定される可能性

顔出しする人は特にですが顔出ししない人でもちょっとした一言であったり写った背景で個人情報を特定されてしまう可能性があります。実際そういう人がいます。


女性YouTuberでストーカーをされて引っ越しせざるをえなかったりなどの事例があります。


なので編集等でも映していいもの悪いものをしっかり(モザイク)し、チェックを怠ったりすると実は隠れてなかったりなどあるので気を付けてください。

2.アカウントが消されたときの収入

規約違反をしたりグレーゾーンギリギリの動画を投稿するとアカウントが運営に消されてしまう可能性があります。

本職がYouTuberなら実質これは職を失うも同義です。すべての収入が0になりまた1から始めなくてはいけません。


登録者100万人を越えていた「レぺゼン地球」「ラファエル」は実際アカウントをBANされています。


もちろん元々知名度があったり他の有名YouTuberの声掛けで勢いは取り戻せていますが、これが登録者10万人以下の場合だとどうでしょうか。


10万人へ復帰するのにまたさらなる時間が必要になってきます。

規約などに注意しながら投稿するように心がけましょう。

3.ある程度のアンチがでてくる

やはりYouTube活動をする以上アンチが一定数でてくるのは避けられません。


アンチ行為を気にしない人であればいいのですがあまりメンタルが強くない人はちょっとしたアンチ行為で落ち込んでしまい活動に影響が生じてしまう人もいます。


たまに意図しない炎上なども起きるのでそこに対しても対策は必要です。

アンチ行為は絶対に避けることができないのでそこは覚悟してYouTube活動を始めましょう。

4.企画が弱いと全く見られない

やはりYouTubeを始める以上自分の動画はある程度テーマなどを絞って投稿したり、面白い企画・動画を作る必要があります。


有名な人がやっていることをそのまま真似してもただのパクリと叩かれて終わりです。

オリジナリティを出した動画、もしくは流行に乗ることで一気に伸びる可能性があるのでしっかり自分の動画が見られるような工夫を凝らしましょう。


しかし意外な動画が跳ねたりする場合もあるので最初はどんな動画が再生されるか研究をすれば今後に活かせるので、最初の内はドンドン投稿していきましょう。

5.競争が激しい

2019年現在のYouTuberはかなり数が増えてきており他の媒体で有名になった人が参入したり、アイドルや女優など芸能人が参入したりもしています。


あの本田翼はたった1回の配信しただけでチャンネル登録者100万人を突破しました。

それぐらいYouTuberの数は増えてきていて競争が激しくなっているため始めるなら今の内でしょう。


しかしじゃあもう無理なのかというとそうではなく、まだ誰もやっていないことをやったり自分の個を作ることで可能性はありますが、100万人を越えている人のジャンルは余程個性がない限り難しいでしょう。

YouTuberに向いている人の特徴

僕はこれまでおよそ8年間ぐらいYouTubeを見続けてきてこういう人がYouTubeに向いているだろうというのが分かってきたのでまとめてみました。

  1. 新しいものを作り出すことが好きな人
  2. コツコツと継続し作業するのが得意な人
  3. 有名になりたい人
  4. 将来成し遂げたいことがある人
  5. 個性あるキャラクターの人
  6. 自由なライフスタイルが良い人
  7. 誰にも負けない好きがある人

もちろんあくまで僕の感覚ですがおおよそ間違ってはいないのではないでしょうか。


全部を持っている必要はありませんがどれか一つでもないとそもそもモチベーションを保てません。


お金を稼ぎたい人だけがYouTuberを始めると絶対に上手くいかないのはこれらの特徴が全くないからです。

自分のスタイルに合ったYouTuberを目指す

YouTuberはトップの層だけを見ればお金もたくさん稼げて自分の好きなことをして稼げる、色んな人に影響を与えられる素晴らしい職業だと思います。


しかし今回紹介したデメリットを考慮せずに始めてたまたま有名になってしまった時、自分のプライベートが失われたりちょっとしたことでも大炎上する可能性だってあります。


つまりデメリットを考慮したうえで自分に合ったスタイルでYouTuberになることがこれから必要になっていくでしょう。

あの仮面YouTuberラファエルさんの場合素顔は隠し普段との恰好も全て変えて絶対にばれないように工夫して自分の自由を作っています。


他にも顔出しをしたくなければゲーム実況や編集で顔を隠しての撮影も可能なわけです。

YouTuberだけでなくこういったネットで活動する職業というのは今後増えていくのではないかと思うので是非参考にして先を考えて始めることをおすすめします。