【カフェバイト】3年間カフェ店員の僕が向いてる人を教えます。

大学生

 こんにちはプロカフェバイターの雪です。(twitter@snowmajime)

僕はかれこれ三年ぐらいカフェのバイトをしていたのですが、てかカフェのバイトしかしたことがないです。(けど最近アパレル倉庫のバイト始めました)

でも割とやっていてバイトの中ではかなりおすすめでかつやってみたいという人が多いと思ったので今回カフェのバイトについてまとめようと思いました。

正直アルバイトって誰でも時間かければできるようになるのですがカフェのバイトは、

結構器用な方が多いです。

かといって器用じゃないとできないということはないのであくまで覚えが早かったりする優秀な部類に入る人達ですので、極端に向いてない人でなければ大学生とかは絶対できるので安心してください。

実際僕も割と器用な方なんですがマルチタスクが苦手で言われたことを忘れてしまったりとかは結構ありましたけど3年も普通にやってこれましたよ(笑)

しかも飲食店のバイトの中では比較的簡単目な仕事だと思います。

カフェのバイトは器用・マルチタスクな人が向いてる

やはり3年間もやってると色んな人が入ってくるのですが全体的に器用な人が多い気がします。

カフェのバイトって意外とやることが多くて表から見えるメインの作業は、

  • レジ
  • ドリンク作り
  • フード作業
  • 洗い物

大まかにこの4つに分けられます。
※店舗によってフード(サンドイッチ・パスタを作ったり)がなくショーケースから軽食を出すだけのようなカフェもあります。

ですが裏ではサンドイッチやパスタなどの具材の仕込みをしたり、朝の人のための準備など他にも細かい作業がたくさんあり教え方は皆丁寧でしたが僕自身も入って慣れるまでは3~4ヵ月ぐらいは普通にかかりました。


僕の周りの人は常に忙しいながらも様々な仕事を同時にこなし他の人に指示なども出してかなり器用な人が多かったです。

だから僕は物覚えとかは速かったんですがやり忘れがあったりと割と使えなかった方だと思いますね。

逆にこんな人はカフェのバイトに向いていない

3年間で色んな人と一緒に働いて思った向いていない人ややらない方が良い人ですが、

  • 1度に多くのことをこなすのがかなり苦手
  • 人と会話することが極端に苦手
  • マイペースすぎる人(常にテキパキ動くことが必要)

こんな人はあまりカフェには向いていないと思います。実際に働いて1年経たずに辞めていく人はかなりこれらの特徴に当てはまりました。

やはり会話が苦手でも多少なら平気ですがお客様と会話することは絶対ありますし忙しくてたくさん人が来ているのにも関わらず仕事のペースを上げられない等マイペースだと仕事全体の作業も乱れます。


また結構真面目な方が多いのであまりにも仕事ができないと好かれなかったりして人間関係でも問題が起きる可能性があります。

カフェが向いてるか自信がない人が避けるべき店舗

こうやって聞くと器用じゃないからやってみたいけど不安で挑戦しにくいとか思ってしまうと思いますがその対処法はあります。

正直お店をしっかり選べばどんな人でも仕事はこなせます(受かるかどうかは別)

不安な人が避けるべき店舗としては、

  • 商品の単価が安くて回転が速いカフェ
  • 都内全般
  • 人気カフェ

基本的に誰もが見たことあるようなカフェ(スタバ,ドトール,タリーズなど)は多くの人が訪れかつ回転が速いのでおすすめしません。ビジネス街の真ん中にあるようなカフェも結構なサラリーマンが利用するので忙しめですね。


狙い目としてはお昼以外はあまり混んでいなかったり個人として経営しているようなカフェであれば落ち着いて作業できますのでマルチタスクが苦手でも安心です。

実際都内で働いて新人の人がレジに入ったらパンクしてて結構大変なこともありました(笑)


まずは働いてみたいと思ったお店に行ってみて確かめてみるのもおすすめですね。

カフェのバイトのメリット・デメリット

僕が3年間経験してカフェのバイトって実際どんなメリットやデメリットがあるのか僕自身の感想も交じってますが参考にしてください。

カフェバイトのメリット

1.おしゃれで周りの印象も良い

カフェってお店にもよりますが制服がおしゃれだったりするので結構憧れる人がいると思います。

また大学でなんのバイトやってるの?

「カフェ」って言うと、えー!おしゃれ!って言われるのでかなり印象は良くなりますね。

2.学生が多くて楽しい

大学生からするとやはり慣れない環境に飛び込むのは不安ですが、基本的に半分以上は学生で埋まってますのであまり心配はいりません。

良くバイト終わりにご飯や飲みに行ったり、同じ学年の友達と普通に遊びに行ったりもして結構充実してました。

大学で友達少ない僕としては数少ない居場所の一つでしたね(笑)

3.簡単な家事の能力が身につく

僕の中で割とメリットというか身についたのは包丁の扱いに慣れたり洗い物がスムーズにできるようになったってとこですかね。

洗い物って面倒くさいイメージがあったんですが今ではちょっとぐらいの量だったらササっと終わらせられます。

今後一人暮らしになった際好調にスタートダッシュを切れるはずです。

カフェバイトのデメリット

1.平均時給が低くて稼ぎにくい

カフェのバイトはアルバイトの中ではあまり時給は高くないですし、アルバイトは22時を越えると深夜時給と言って22時以降は25%時給UPになりますが基本的にその時間までやっているカフェは少ないのであまり稼げません。

とはいってもめちゃくちゃ低いわけではないのでがっつりお金目的でなければあまり気にしなくても良いと思います。

ちなみに僕は当時時給850円で働いていましたがまあスタッフ同士仲良くてたいして混まなかったので気にしてませんでした。

2.髪色・アクセサリー等が厳しい

男性の場合はいわゆるロン毛でなければ特に何も言われませんが、女性は肩ぐらいの長さだと後ろで結ばないといけません。

あと髪色も基本暗めで8番までの明るさであることがほとんどです。ただ染めたらダメなわけではなく店舗によっては多少はゆるかったりするのでそこは運ですね。

またこれはカフェに限らず飲食店においてそうですがアクセサリーは全て禁止で出勤前に全て外します。

3.接客はかなり気を使い気疲れする

これは個人的な意見なのですがやはりどうしても接客上クレーマーなどは現れてしまうものでそうならない為に接客ではかなり気を使います。

例ですがテイクアウトと聞かなかっただけで少しキレたり忙しくてアイスかホットを聞き忘れたら時間がかかってしまい帰られたりする経験がありちょっと萎えてしまったりもします。

まあ全部自分で言ってよって思うのですがまあほとんどのお客さんが全ての項目を言ってくれるのは中々ないので毎回聞いたりしてかなり疲れます。

その他にも周りに常に目を配って動くので気疲れしやすいバイト言えます。

カフェは大学生に向いてるおすすめバイト

カフェのバイトは常に周りを見渡し机が汚れていたら拭いたり他のスタッフを手伝ったりとマルチタスクな上、接客もするので居酒屋とか程ではないと思いますが正直割と疲れるバイトだと思います。

ですがやはり僕の中で大きかったのは同じ学生スタッフがたくさんいたことでそもそもアルバイトに行くこと自体が楽しかったため全くそのあたりは気になりませんでした。

実際暇なときは結構喋ってましたし(笑)


今回器用な人が向いてると書きましたが始めたころはドリンク覚えたり色々と覚えることが多すぎて辛いと思います。

が、周りの人たちは学生も多く基本優しいのでしっかり覚えようとする姿勢を見せれば上手くやっていけますしできないようなお仕事ではないと思います。

最後カフェのバイトの良いところをまとめると、

  • 学生が多くて楽しい
  • 慣れたらヌルゲー
  • 自由に働きやすい(シフトが自由)
  • 見た目も印象もおしゃれ

僕は金銭面を除けば他はパーフェクトなバイトなので是非大学生におすすめしていきたいですね。

もしカフェのバイトをやってみようと思った方は「マッハバイト」ならアルバイトを探してかつ採用されると祝い金として”最大1万円”もらえる為、普通にアルバイトを申し込むよりお得!!是非ご活用ください。

※時給だけで選ぶのは自分に合わなかったりするから危険だよ!!(笑)

実際に祝い金をもらった人たちの声

マッハバイトでの応募は下のボタンから!!